群発頭痛には、酸素吸入するのが、最も効果が高い治療方法かもしれませんね。酸素吸入を行う事で、頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)部に存在している動脈が収縮して、痛みが和らぐ為です。ですので、酸素吸入をすることによって、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)が和らぐ時は、群発頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)であると確証される場合が多いのだとか。この酸素吸入だからって、早い段階で酸素吸入を行えねとても効果的ですが、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出てしまうと効果としては個人差が出てきます。百パーセントの酸素を10〜15分吸う事で、効果があらわれますが、市販されている酸素スプレーでは足りないので、何本か用意するか、酸素ボンベをレンタル(物を一時的に借りることです)するかしなければいけません。その上、これは保険外診療となる為、コスト(いかに抑えるかが重要でしょう)がとても多くかかってきます。ですので、経済面で余裕がなければ、薬物治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をするしかないのです。薬物治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には、血管収縮作用のあるお薬が使われます。この薬物治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)も、頭痛が起こってから薬を飲んでも効果が低くなるみたいです。頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)が起こる時間は、おおよそ毎日決定しているので、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起こりそうな時間の1時間前に服用されるといいですよ。処方されてる薬には、クリアミンAやカフェルゴットがありますよね。また、頭痛が起こってしまったら、スマトリプタンといった注射薬がよく効果を発揮してくれるはずです。しかし、頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)が起こったからといっても、いつでもすぐに病院を受診可能なわけではないんですよね。そういう方は、スマトリプタンの点鼻薬を処方してもらい、日常から持ち歩くといいかもしれません。注射薬程は効果はないのですが、点鼻してから、15分程で効果があらわれてきます。いつ頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)が起きてもいいように、かかりつけの病院を作っておくといいですねー